中村機材の3つの対応分野
会社情報 本社工場・浦安工場へのアクセスはこちら

お問い合わせ ご質問などお気軽にお問い合わせ下さい

溶断サンプル 鉄のプロの技をご覧下さい

発注から納品まで 幅広いニーズにお応えします
中村機材3つの対応分野をご紹介します。

高圧の炎と酸素を操り板厚100mmから400mmを超えるような鋼板を精密に切断して、ご注文通りの形状を切り出します。 大型機械の部品やプラント、エネルギー関連、その他いろいろな用途に使用されています。中村機材が得意とする分野のひとつです。 寸法精度はもちろんのこと、できるだけ垂直に平滑な面で切断することが重要です。 板から切り出した溶断品を立てたり角度を変えて再度切断して目的の形を作り出す、立体切断にも対応しています。 通常の溶断では作れないような形状を実現したり、コストのかかりがちな切削工程の負担を大幅に軽減します。

超極厚溶断(応用技術)

鍛造品の切断や、切断した板の向きを変えた厚い部分の切断など、板厚600mm、800mmといった超極厚の溶断にも対応しております。切削仕上げの箇所には充分な余肉が必要ですが、形状によっては大きなコストダウンや加工納期短縮などのメリットが得られます。


機械・建築など、広い用途に使用される、板厚9mmからのいわゆる標準的な溶断品です。様々な板厚の鋼板からご要望に 応じた形状を切り出します。板厚50mmから95mmといった一般的にはかなり厚い部類の鋼板も、極厚溶断で長年培った 技術を持つ中村機材では余裕を持って切断可能なため、高品質・短納期・リーズナブルに提供することができます。 キリ穴やタップ、応力除去や切削性向上を目的とした熱処理、フライスといった機械加工など、いろいろなご要望に 対応しております。 板厚や形状によってはプラズマ切断やレーザー切断を提案させていただきながら、お客様のニーズを満たすような製品を 提供させていただきます。

厚板精密溶断(応用技術)

厚板のガス溶断においては切断面の品質と寸法の精度が 特に重要です。炎や切断速度を精密にコントロールすること で角度と平滑度において高品質な切断面を実現します。 また、長年積み重ねたノウハウにより、切断時の熱影響に よる素材の伸び縮みを予測して補正をかけた切断経路 (NCデータ)を作成し、寸法や形状精度を高めています。


実物や原寸の型紙から形状データをコンピュータに取り込んで微妙な 調整を加えてから切断したり、曲げ加工では実現できない複雑な 形状を厚板から精密に切り出すことで装飾品用途に使用したりと、 高度な技術を応用して一般的な溶断品の枠にとらわれない様々な モノを作り出します。